洗顔石鹸の違いを知ろう

お皿に乗せた洗顔石鹸の泡

洗顔石鹸は、毛穴トラブルを予防したり老化角質を取り除き綺麗な素肌を保つためのもの。

洗顔料も刺激が強かったり、洗浄力が高すぎると肌を弱めてトラブルの原因になります。

そんな洗顔石鹸の違いについてご紹介します。

洗顔石鹸と洗顔フォームの主な違いとは?比較してみよう

洗顔石鹸と洗顔フォーム、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?
それぞれに含まれる成分やその特徴を比較してみましょう。

洗顔石鹸は固体、洗顔フォームはチューブのイメージがありますが、それらの数が単に多いだけで2つの間に形状による違いはありません。
区別するために大切なポイントは、洗浄力を発揮している成分と油分配合量の差になります。
洗顔石鹸は天然由来成分の脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムを使用して汚れを落としています。
天然の洗浄成分を使っていて、洗い流すと分解され洗浄力がなくなることも特徴です。
対して洗顔フォームは、科学的に作られた合成界面活性剤を使用しています。
合成界面活性剤は食器洗いに用いる洗剤にも使われています。
成分配合量は違いますので洗剤ほどではありませんが、合成界面活性剤を使用している洗顔フォームの洗浄力は強くなっています。
天然由来成分の洗浄力では落とせない汚れにも対応できる一方で、肌に必要な成分も落としてしまうことがあります。
更に洗い流しても合成界面活性剤は分解せず安定していますので、すすぎが不十分であれば肌に残ったものが肌荒れの原因になってしまう場合もあります。

油分配合量を比較しても洗顔石鹸と洗顔フォームは違います。
洗顔フォームの使用後に良い仕上がりを感じる方も多いのではないでしょうか?
これは洗顔石鹸では全体の5パーセント程、洗顔フォームは30パーセントの油分がおよそ配合されていることが影響しています。
洗浄力の安定している洗顔フォームは香り成分などを含むことも可能なため、使用時に楽しんで使えるものも多くあります。

洗顔石鹸と洗顔フォームは形状で区別ができず、固体であっても合成界面活性剤が使われているものがあります。
2つを比較し、自分にあったものを探すために配合成分を常に確認するよう努めていきましょう。

安全性や低刺激性で選ぶ洗顔石鹸、どこに注目したらいい?

安全性や低刺激性を求めて洗顔石鹸を選ぶにはどこに注目したらいいのでしょうか?
洗顔石鹸と添加物の関係について確認するとポイントがわかります。

添加物は洗浄作用そのものに必要な成分ではありません。
それでも洗顔石鹸の中には香料、着色料、防腐剤や保存料などが含まれているものがあります。
こうした添加物には天然由来のもの、化学合成されたものの2つが存在します。
化学合成されたものは肌に優しくないイメージがありますが、安全かどうかは肌質や個人によって変わります。
添加物が天然由来であってもアレルギー体質の人には刺激になってしまうのです。
洗顔石鹸などの成分表では、成分配合量が多いものほど先に記載されるルールがあります。
添加物を確認するときには成分表の並びに注目するといいでしょう。

一方で、洗顔石鹸には無添加と表示されるものがあります。
無添加なら合成成分などが入っていなくて安心とは残念ながらなりません。
香料や防腐剤などのどれかひとつだけでも使用されていなければ無添加とされているのです。
これについては薬事法で決まりがなく、無添加石鹸の定義もあいまいです。
ほぼ洗浄力の成分のみが含まれる純石鹸もありますが、肌質によってはあわない場合もあります。
洗顔石鹸に含まれていても安全性が高いものにグリセリンとラウリン酸があります。
グリセリンは保湿成分として知られ、肌荒れ解消に役立ちます。
ラウリン酸は泡立ちをよくする成分のため、洗顔時に摩擦が少なくなり、洗い残しを減らす作用もあります。
植物性エキスや動物性エキスも肌トラブルに適した効果を多く備えています。

洗顔石鹸には何らかの添加物が含まれており、メリットやデメリットがそれぞれあります。
自分の肌質や肌トラブルの経験などを踏まえて、成分表を確認し、適切な洗顔石鹸を選ぶことが大切になるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*