手のひらの泡

洗顔ではきめ細かい泡をなるべく多く使用することが大切です。

泡立てネットを活用すると簡単に泡立てができますので、洗顔石鹸がより使いやすくなります。

すばやく適切な濃密泡が作れる泡立てネットは、洗顔石鹸の効果をより高める作用を持っていると言えるでしょう。
泡立てネットの活用で重要なポイントは、泡に空気を含ませる、少ない水で泡立てないの2つになります。

泡立てる前の準備

まず泡立て開始の前提として、手や泡立てネット、洗顔石鹸は清潔にしましょう。

清潔な状態を確認し、これらの水気もあらかじめ切っておきます。

最初から水分量が多いと、濃密泡の作成に影響が出ますので注意してください。
それから泡立てネットをぬるま湯につけて取り出し、洗顔石鹸とネットを擦りあわせます。

泡立てる方法

次に手の動きは大きく、空気を含むようにネットを擦り泡立てます。

縦に長いタイプのものを利用する場合、横ではなく立てたものを押さえて擦りあわせると泡立ちが良くなります。
泡立ちが悪い場合、ぬるま湯を足し、改善しないようなら洗顔石鹸をもう一度加えましょう。

水の量が少なすぎると泡の弾力が強くなり、肌に負担を与えてしまいます。
適度な水分を含んだ濃密泡の作成が大切です。

こうして出来た泡を、泡立てネットから絞り出すようにして取り出します。
ネットの上部を逆さに持ち、下から上へ絞り出すと、気泡を潰しながら濃密泡を落とさず取れます。
使用した泡立てネットは必ず洗って水気を切り、乾燥させることで清潔に保ちましょう。

洗顔石鹸によっては、泡立てネットがあらかじめ付属していたり、専用の動画が用意されている場合もあります。
適切に泡立てネットを活用し、洗顔石鹸を効果的に使いこなしていきましょう。

洗顔石鹸をキメ細かく泡立てる方が良い理由

洗顔石鹸は、基本的に泡で汚れを落とします。

そしてもう一つ、洗顔するときに手で直接顔を擦らないように、泡がクッションとなって摩擦を防ぐ役割もします。

肌を綺麗にすることと、肌を摩擦から守るため。

きめ細かな泡を作るのはこの2つの点で大切です。