洗顔石鹸で変わる!敏感肌と洗顔石鹸の基礎知識

バスタオルを首から掛けている女性

肌が敏感だと、洗顔した肌がカサカサしたりピリピリしたり、石鹸で肌の状態って大きく変わることありますよね。

肌が弱い人のための洗顔石鹸の選び方や、正しく使う方法など、敏感肌が知っておきたい洗顔石鹸のことをご紹介します。

洗顔石鹸の基本知識・主な種類と使用されている成分について

石鹸とタオル
洗顔石鹸の主な種類や使用されている成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

効果的な活用を実践するためにも、その特徴など基本を確認します。

洗顔を用途にしている洗顔石鹸は、顔の薄い皮膚に適した肌に優しい作りになっています。
洗顔石鹸の性質は弱アルカリ性もしくはアルカリ性です。

天然油脂で作られた界面活性剤である脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを配合成分として含んでいます。
脂肪酸ナトリウムは固形、脂肪酸カリウムは液体の形状に近くなります。

更に純石鹸とそれ以外があり、純石鹸はナトリウム石鹸とカリウム石鹸の2種類があります。

ナトリウム石鹸は保湿成分のグリセリンが製造過程で分解されるため、油分が不足し肌にあわない人がいます。
カリウム石鹸は製法が厳格に定められ、敏感肌、アトピー肌の人にあった成分構成になっています。

形状で分ける3つのタイプ

形状の違いで分けると洗顔石鹸には3つのタイプがあります。

機械練り製法が多く、油分の配合が少ない固形タイプがそのひとつです。

固形タイプには、大量生産と成分に大きな違いが出る枠練り製法で作られているものもあります。

この製法で作られた洗顔石鹸は天然の保湿成分が含まれ、美容成分の配合における自由度も高くなっています。
チューブなどに入れられた柔らかい形状のタイプは、成分配合のバランスを気にかけ、防腐剤を避けたい人に適しています。

ポット容器に入れられていて、やや固めになっているものも洗顔石鹸としてタイプ分けできます。

こちらの洗顔石鹸は保管に適したタイプと言えるでしょう。

洗顔石鹸は肌の汚れを落とすだけでなく、肌質や年代別、使用方法に至るまで様々なものが作られています。

自分の肌にあわせてその時々に適したものを選ぶことも大切なポイントになります。

洗顔石鹸には正しい使い方があるの?しっかり覚えたい方法とは

泡パックしている顔
肌トラブルに有効な洗顔石鹸ですが、正しい使い方をしないとその効果を発揮することができません。
正しい洗顔方法をしっかり覚えて実践していきましょう。

洗顔の目的は余分な汚れを落とし、肌バランスを整えることにあります。

必要な皮脂まで洗い流してしまっては肌にダメージを与えてしまうため、短時間で行うことが重要です。

優しい洗顔方法とは

はじめに手を清潔にしっかりと洗いましょう。

手に汚れが残っていた場合、洗顔をしてもそこに汚れが混ざり無駄になってしまいます。

次に石鹸を手のひらで15回ほど転がし、適量まで泡立てます。
水の温度が低すぎると石鹸が溶けず、温度の高い場合は汚れが落ちやすくなりますが、肌へ負担を与えます。

そのため、20度から40度程のぬるま湯を少しずつ足して泡立てましょう。

そして、泡で顔を洗うように洗顔をしていきます。

この泡も長時間肌に触れているだけでも負担になりますので、手のひらで擦るように洗ってはいけません。

擦ると角質を傷つけてしまうため、注意が必要です。

角栓などが詰まりやすい小鼻周り、顎などは泡を回すように洗ってください。
これが完了しましたら、洗い残しが無いようにすすぎましょう。

ぬるま湯の温度とすすぎの回数について

ぬるま湯の温度は30度ぐらい、20回から30回ほどすすぎは丁寧に行うことが大切です。
タオルで拭くときには擦らないように優しく、水気を拭きとる程度にします。

1度の洗顔を30秒から1分半までの短時間、1日に計2回で十分です。
洗顔では、適切な方法で不要な汚れだけを洗い流すことが大切になります。

洗顔石鹸を活用すればお肌の悩みを改善することが可能?

洗顔した後にタオルで顔の水滴を取っている女性
洗顔石鹸の活用を適切にすれば、お肌の悩みを効果的に改善できます。

活用には洗顔石鹸における成分の確認と性質の利用、使い方を間違えないことの2点が大切になります。

洗顔石鹸は選択洗浄性という性質を持っています。

主体となる成分によって必要でないものを洗い流し、そうでないものを残す性質を選択洗浄性と言います。

洗顔石鹸が持つこの性質と石鹸の配合成分を基準にすることで、自分の悩みにあったものを探し出せます。
乾燥肌やアトピー肌、ニキビなどそれぞれに適した洗顔石鹸を見つけられるでしょう。

悩みにあわせて対応できますため、お肌の悩み改善において洗顔石鹸の活用は有効な手段になっています。

洗顔石鹸を活用するときにもうひとつ大切なことは、使い方を間違えないことです。

洗顔の目的は肌に付着した余計な汚れを落とし、肌のバランスを正すことにあります。

この肌のバランスを正す役割が重要なポイントになっています。
皮膚は4層構造で、常に新陳代謝によって生まれ変わりを続けています。
これは28日周期で繰り返され、こうしたサイクルをターンオーバーと呼びます。

実はターンオーバーが加齢や睡眠不足、栄養バランス、紫外線の影響で乱れるとお肌の悩みが発生してしまうのです。

洗顔石鹸の使い方を誤ると、肌にダメージを与えターンオーバーの回復を邪魔してしまいます。

ターンオーバーを正常に戻すこともお肌の悩み改善への近道です。
洗顔石鹸は正しい使い方をするようにしましょう。

正常なターンオーバーが力を発揮すれば、肌トラブルは改善されます。
自分の肌トラブルにあった洗顔石鹸を選び、適切な洗顔方法で毎日の洗顔を見直していきましょう。